完全なデータ復旧を目指すなら・・・
専門業者に相談することが重要です。

倫理障害はフリーソフトで対応できる

外付けの記憶装置には色々な種類があります。

一番身近なもので、USBメモリやSDカードがあります。

一時期は、CDやCD-ROMなどが主流でしたが、最近では小型、軽量で、大容量の外付けハードディスクがあります。


外付けハードディスクはUSB端子に繋げれば、直ぐに使用できますので、手軽に大容量のデータも保存することができます。

しかし、このハードディスクに保存していたデータを誤って消去してしまったり、上書き保存してまった。

あるいはフォーマットしてしまってデータが消えてしまったという経験はありませんか?


私の友人で、パソコンに少し疎い知人が、誤ってデータを消去してしまったと、悲惨な声で連絡してきました。

私も人に言えるほどパソコンに詳しい方ではないので、同僚にパソコンに詳しい者がいましたので、相談してみました。

同僚は多分、倫理障害だからそんなに心配することはないと言いました。


倫理障害とはパソコンのOSエラーや、間違ってフォーマットしてしまったり、去してしまった状態のことを言います。

つまり、パソコン本体は故障などはしていないのにデータが閲覧できなくなった状態をいいます。


同僚はデータ消去して間もない、倫理障害で閲覧できなくなったデータはほぼ100%という高い確率でデータ復旧させることが可能だと言います。

データ復旧は、やっぱり専門の業者に依頼しなくてはいけないのか尋ねてみると、多くの場合は、フリーソフトで十分データ復旧ができるということでした。


ここで、大切なことは、データ復旧までにパソコンを操作しないということでした。

パソコンを操作すればするほどデータの復旧率が下がってしまうとのことでした。

幸いにも、私の友人はパソコンに疎かったですので、直ぐに電源を切ってパソコンを操作していないとのことでした。

同僚が見かねて、代わりにデータの復旧作業を行ってくれたのです。


パソコンにフリーソフトをインストールして、無くなったファイルの種類や場所を選択し、スキャンをクリックし、ハードディスクまたはデバイスを走査し、消えたデータを検索して、復旧したいデータを復元したのです。

私の友人は喜んでいたのですが、同僚が、分からないキー操作は行わないようにと注意していました。