完全なデータ復旧を目指すなら・・・
専門業者に相談することが重要です。

異常を感じたら専門の業者に

昨日まで正常に動いていたのに、今朝になって急にパソコンが動かない。

電源を入れ、画面が現れたと思ったら、画面にエラーメッセージが現れ先に進まない。

あるいはパソコンからカタカタとかコトコトといった異常音がして起動できない。

といったトラブルが発生したという経験はありませんか?


そんな状況に陥ったとき焦ってしまい、何をどうすれば良いのか分からなくなってしまいます。


私の同僚も同じようなことを経験しており、PCに保存してあるデータを取り出せなくなり、色々なキーを押してしまい、取り返しのつかないことになってしまったのです。

データ復旧は問題が発生した時点で一番高い修復率があります。

しかし、異常音などの症状や画面が現れないといった状態になった場合、決して自分で直そうと思わないで下さい。


私の同僚のように間違った操作によって大切なデータが永久に戻ってこないという可能性があるのです。

障害が発生した後に決してやってはいけないことは、何度も再起動を繰り返す。

デフラグ(最適化)やチェックデスク(自動修復)、リカバリー、フォーマット、復元ソフトのインストールなどです。


これは、ディスクトップやノートパソコンを問わず、全てのパソコンやハードディスクに言えることなのです。

大切なデータを守りそのデータを復旧させるには、ハードディスクなどの機器で電源が入っている場合、異常を確認した時点で電源を切り、特にノートパソコンを使用している方は衝撃の加わらないように保管しておくことが大切です。


使用を継続したことにより、データ復旧率が大幅に下がったり、データの復旧ができなくなるケースがあるのです。

また、再起動はハードディスクに大きな負担をかけますので、何度も行うと、復旧できなくなる可能性があります。


自分で直そうとして、ハードディスクの分解・解体は絶対に行わないで下さい。

ハードディスクは非常に繊細ですので、目には見えない小さなチリや埃が1つでも内部に付着してしまうとデータを復旧ができなくなるケースがあるのです。


PCに異常を感じたら、直ぐに電源を切り、PC専門店に相談して下さい。