完全なデータ復旧を目指すなら・・・
専門業者に相談することが重要です。

物理障害は素人ではNG

データ消失には大きく分けて2種類あります。

家族の写真などのファイルを誤って消去してしまった。

仕事で使う資料だったのに違うファイルを上書きしてしまった。

フォーマットしてしまったなどは、ソフトウェア的な障害が考えられます。


これを倫理障害といい、障害の程度としては比較的低い部類に入るのです。

このような場合は、専用のソフトなどを使うことで、一般の方でもデータ復旧できる場合があります。


PCに詳しい友人は、最近のフリーソフトには機能のよいものが沢山あるので、意外と簡単にデータの復旧を行うことができる可能性があるということでした。

しかし、様々なアクションを行う度にデータ復元の可能性は減っていくとも言っていました。

より確実に、より安全に、早く復旧させたい場合は、データの復旧の専門家に委ねるのが一番なのです。


私のように近くにパソコンに詳しい友人がいるのならば、素人の私でもフリーソフトを使って復旧を行うことができたのですが、そういった方が居ない場合はやはり専門の業者に任せるのが一番だと言えます。

いくら高性能のフリーソフトでも復旧できないのが、物理障害で消えてしまったデータ復旧なのです。


パソコンを落下させてしまった、ハードディスクから異常な音がする、ハードディスクが動かないといった場合は、ハードウェアそのものの倫理的な故障が考えられます。

これを物理障害といい、倫理障害よりも重度の障害となります。

場合によってはハードディスク本体の分解修理が必要なこともあります。

こうなると、専門的な設備と専門知識がなければ復旧させることはほぼ不可能だと言えます。


単なるパソコンの修理だけでしたらメーカーのサポートを利用すればよいのですが、データ復旧もしてほしい場合は注意が必要となります。

メーカーサポートでは、修理の際、保存されているデータまでは保証されていません。

修理から戻ってきたらパソコンの中身(データファイル)が初期化されていたという知人もいました。


また、メーカー修理の場合、大抵がユニット交換になりますので、ハードディスクが新品となって戻ってくるということも多々あり、こうなるとデータの復旧どころではなくなりますので、注意して下さい。